「イリュージョンのように消えた」怠慢プレーの悪童バロテッリが、ミラン13戦ぶり黒星の戦犯!

「イリュージョンのように消えた」怠慢プレーの悪童バロテッリが、ミラン13戦ぶり黒星の戦犯!

 ミランの悪童FWマリオ・バロテッリが酷評の嵐にさらされている。6日の敵地サッスオーロ戦に先発出場したが、0-1のビハインドで迎えた後半9分に早くも交代を命じられた。現地メディアの採点やミランOBのコメントでは、厳しい言葉が相次いでいる。

サッカー界の裏切り者トップ10 禁断の移籍の代償は焼けた豚の頭!?

 サッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、バロテッリを落第点の「4.5点」とチームワーストタイの評価にした。寸評では「今日、誰か彼を見かけたか?」とバッサリ。「彼にとってラストチャンスだったかもしれないのに、それに応えなかった」と、今後戦力外となる可能性を指摘している。

 また、ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」も、「4.5点」と低評価。「最初の数分間だけだ。試合の入りは良かった。だが、その後は長続きせずに、イリュージョンのように消えた」と、試合の立ち上がり以外は人間消失マジックに遭遇したかのように存在感を失ったと酷評した。

 また、同サイトは元イタリア代表MFで、ミランの主将も務めたマッシモ・アンブロジーニ氏のコメントも併せて紹介している。
「貢献はほとんどしていない。鋭さもなかった。彼が動いていたのは最初の何分間かだけだ。チームメートも、ほとんど彼の姿を見つけられていなかった。サッスオーロのプレーが良かったにしても、あまりにも残したものは少なかった」

 ミランの元主将からも、チームに貢献していないと一刀両断にされている。そして、試合の立ち上がり以外は存在感がなく、チームの中に入り込めていないとも指摘している。

 また、地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」では、かつてのミラン栄光の背番号「10」の元ユーゴスラビア代表MFデヤン・サビチェビッチ氏も悪童を酷評していた。

「なぜミランが去年の夏にバロテッリと契約したのか理解できない。強化部の選択だろうが、理解に苦しむよ。バロテッリは偉大なストライカーではないとは言わないが、誰もがどんな人間か知っている。幹部は彼を変えられると考えたのだろうか。ミランのような慎重なクラブが、こんな無謀で勝ち目のないギャンブルに出るとは考えもつかなかった」

 リバプールから期限付き移籍で昨夏獲得したこと自体が勝ち目のないギャンブルと身も蓋もない評価を受けている。人間性を含めたバッシングはまさに四面楚歌。集中砲火を受ける状況に陥った。

 レギュラーFWだったエムベイエ・ニアングの交通事故により、出場機会を得る形になったバロテッリだが、その穴を埋めているとは言い難い。ニアングのプレッシングで追い込み、中盤でボールを奪って速攻を仕掛けるのがミランの攻撃パターンになりつつあったが、前線で緩慢な守備を見せるバロテッリにより、その武器は消えかけている。かと言って、攻撃面での存在感も希薄だ。

 昨年秋には日本代表FW本田圭佑もメディアやOBから酷評の嵐を受けたが、献身的なプレーを続けてV字回復。今では、そのスタイルがイタリアでも理解され、ミラン復活の象徴とまでの評価を得ている。

 潜在能力は世界トップクラスと言われ続けてきた才能は、このままサッカー界の中で埋もれてしまうのだろうか。悪童バロテッリが自身の評価を取り戻すためには、厳しい道のりが待っていそうだ。

チーム: ACミラン(ミラン)
Twitter: @f14s_ac_milan
HashTag: #ACミラン #ACMilan

スポンサーリンク



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。